建設業の許可を取得するには、
経営業務の管理者に該当することや
専任技術者としての実務経験があることを
工事実績の記載された注文書や請書、請求書等を
提示することにより証明する必要があります。


この実務経験として認められるのは、
許可を取得しようとする業種の工事を請け負っている場合となります。
つまり、「請負契約」がなされている場合です。


建設現場では、自社の職人を貸し出す「人工出し」ということが度々行われていますが、
この「人工出し」は、工事の請負には該当しませんので、
建設業の実務経験としては認められません。


例えば、「屋根工事 一式」と記載されている注文書は
屋根工事を請け負ったものとみなされますが、
人工単価2万円×3名」と記載されているものは、
人工出しとして、建設工事を請け負ったものとはみなされません。


ですから、人工出しばかりをしている事業者は、
建設業としての実務経験が加算されていないことになり、
いつまで経っても、実務経験での建設業許可は取得できないことになります。


このような場合には、要件を満たしている方を探して雇用するなど
別の方法での許可取得を考えることになります。


また、人工出しは、「労働者派遣」とみなされる可能性が高く
建設業務への派遣を禁じた労働者派遣法第4条第2項に
抵触する可能性がありますのでおすすめできません。


ご自身では判断がつかなくて不安な場合は、
お近くの行政書士に必ずご相談ください。


建設業を営む皆さまへ 建設業許可申請サポート サービスメニュー
 


業務対応エリア


大阪府 : 堺市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡
      町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町

和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市


「建設業コラム」関連ページ