解体工事の適正な施工確保に関する検討会により
平成28年6月(予定)から新設される「解体工事業」の
技術者資格の中間とりまとめがなされました。

下記は、あくまでも平成27年6月3日現在の予定ではありますが、
特に問題がなければ、この内容で決定する可能性が高いものと思われます。

新たな解体工事の技術者資格について


【新たな解体工事における監理技術者の資格等】

  ・1級土木施工管理技士
  ・1級建築施工管理技士
  ・技術士
  ・主任技術者として次の要件を満たす方のうち、
   元請としての4,500万円以上の工事に関し2年以上の
   指導監督的な実務経験を有する方


【新たな解体工事における主任技術者の資格等】
  
  上記監理技術者の資格に加え、
  ・2級土木施工管理技士(土木)
  ・2級建築施工管理技士(建築、躯体)
  ・とび技能士(1級、2級)
  ・建設リサイクル法の登録試験である解体工事施行技士
  ・大卒(指定学科)3年以上、高卒(指定学科)5年以上、
   その他10年以上の実務経験


ただし、「とび・土工工事業」の既存資格者については、経過措置が置かれ、平成33年3月末までは、既存資格で「解体工事業」の許可が認められることになるようです。


詳しくは、こちらの国土交通省サイト及び資料をご確認下さい。

  ≫ 解体工事の適正な施工確保に関する検討会中間とりまとめ 概要
  ≫ 解体工事の適正な施工確保に関する検討会中間とりまとめ


建設業を営む皆さまへ 建設業許可申請サポート サービスメニュー
 


業務対応エリア


大阪府 : 堺市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡
      町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町

和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市